すぐに効くレビトラ!

3大治療薬の1つであるレビトラですが、こちらは食事の影響を受けにくく即効性があることが特徴です。正しく飲むことで効果を発揮しますのでこちらではレビトラの服用方法や副作用などの解説をしていきたいと思います。

ED治療の医薬品であるレビトラは食後に服用するのか

レビトラはEDを治療をする際に使われる医薬品で、その効果の高さや食事の影響を受けにくいという点で人気があります。しかし食事の影響を受けにくいといっても注意しなければならない点が2つあります。
まず1つ目に服用のタイミングです。レビトラは水に溶けやすい性質を持っているので即効性があるため、空腹時に服用すると身体に吸収されやすく、その後30分程度経過した後に効果を実感できるようになっています。そのため服用後、30分程度経過し体内に吸収された後であれば食事を楽しむことが出来ます。ではどうしてもレビトラ服用前に食事をしなければならない場合は、食後2~3時間程度経過し、食べたものが消化されてからレビトラを服用すると良いでしょう。一般的な医薬品ですと食後すぐに服用するタイプがありますが、レビトラでその様なことをすると、効果を実感できずに満足の結果を得られないので注意して下さい。
次に2つ目ですが食事の内容です。食事の影響を受けにくくレビトラの効果を実感するためには、カロリーが低く油の少ない食事にすることが大切です。そのため揚げ物や脂身の多い肉の様な食事内容は避け、寿司やソバの様な軽食程度にすると効果的だと言えます。また満腹にするよりも腹八分目の方が適しているとされているので、食べる量にも気を付けましょう。
レビトラを使用したいと考えている人の中には、食事をしても全く関係ない、と勘違いをしている人がいます。しかし食事の内容や服用のタイミングによってはレビトラの効果を実感することが出来ないために、性交渉の際にこまってしまう場合があります。そのため正しい認識を持つことで、性交渉時に役立てることが出来るようになります。