すぐに効くレビトラ!

3大治療薬の1つであるレビトラですが、こちらは食事の影響を受けにくく即効性があることが特徴です。正しく飲むことで効果を発揮しますのでこちらではレビトラの服用方法や副作用などの解説をしていきたいと思います。

レビトラは食事の影響をどの程度受けない?

レビトラは、食事の影響をバイアグラよりも受けないという特徴があります。一般的な基準としては800キロカロリーの範囲内ならば食事の影響を受けないと考えられており、それ以上の食事を摂取してしまうと食事から摂取した栄養分と競合して身体に良くない影響が出てしまうことが懸念されています。また、レビトラは特定の食べ物とものすごく相性が悪いことでも知られており、特にグレープフルーツと一緒に摂取すると身体に重篤な副作用が出てしまう可能性が出てきてしまいます。ですから、グレープフルーツを摂取した後に、もしくは服用した後にグレープフルーツを服用することは絶対に避けなくてはいけません。
当然ですが、レビトラが一定の範囲内で食事の影響を受けないとは言っても最大限の効果を期待するのならば薬の前に食事を摂らないように工夫をすることが求められます。薬を服用する前に食事を摂取すると小さいながらも影響は与えます。一定範囲内のカロリーなら問題ないのは事実ですが、余計な心配をしたくない人は空腹の時に薬を服用することが一番です。
元々、レビトラを筆頭としたED治療薬は血中に作用する割合が強いので同じように血中に作用する食事とはあまり相性が良くありません。EDに陥っている人は身体の血中濃度に異変が生じていたり血液の流れが悪くなっていることによって勃起することができなくなっているので、この点の改善が必ず求められることになります。この点を改善するためには、レビトラのように血中濃度を大きく変化させることができる薬を使わなくてはいけません。レビトラはバイアグラ以上に即効性のある薬であるため、その効果を実感したい時には間違った使い方をしないように注意が必要なのです。
レビトラの効果・副作用を知る
●レビトラのジェネリックバリフは食後に